• 長い準備期間を経て、2015年後半に『オール・アイズ・オン・ミー』の撮影が遂に始まった。デス・ロウ・レコードで2PACと仕事をした経験を持つプロデューサー、L・T・ハットンは2PAC自身に自分の人生を語ってもらう為、まず自分が知っている2PACをベースにして、巨大なデータベースを築き上げ、それを“ザ・トゥパック・バイブル”と呼んだ。「こういうシステムを作り上げた。2PACに関して知りたいことは、全て過去のインタビューで彼自身が言ったセリフで答えるという。なぜ2PACはノトーリアスB.I.G.に怒っていたのか? 2PACは実の父親の事をどう思っていたのか? 知りたいことは全て2PACが実際に言った言葉を使い、彼自身の言葉を映画にも使うと決めた。だからこの映画の企画には時間を要した。」「みんな知ってる2PACの一面だけではなく、彼を全ての角度から見せる事にした。2PACは世間に対する不満が山ほどあった。そして、この若者はそれを実際に言葉にした。この映画は2PACの語られざるストーリーだ。YouTubeでは見られないし、ただの噂でもないし、他人が語っている話でもない。実際の2PACの声を追った映画だ。」

  • プロデューサーのデヴィッド・ロビンソンとL・T・ハットンに誘われた脚本家エディ・ゴンザレスとジェレミー・ハフト(「EMPIRE 成功の代償」)は2013年から脚本に取り組む。「我々は、2PACという人間がどのように形成されたのかに焦点を当てたかった。その為には、彼の荒れた少年青年時代を描かなくてはならなかった。彼が子供の頃に苦しんでいたことを描きたかった。」ゴンザレスとハフトは、2PACの作品や考え方の変化をより理解するために、2PACに関する情報を細部にわたってリサーチした。ハフトは「2PACの子供時代から始めた。彼の母親アフェニはブラック・パンサーであった為、彼は教養があるだけではなく、社会に貢献し、権威を疑うよう育てられた。例えば、2PACは毎日ニューヨーク・タイムズを読み、アフェニはその内容について説明させた。彼が育ったのは、家族や義父ムトゥル・シャクールが日々FBIや警察から嫌がらせを受け続けるというとても抑圧された環境だった。貧困、人種差別、警察からの嫌がらせ、これら全てが2PACの世界観を造り上げた。そこを明確にしたところで、次に2PACの波乱万丈な人生が始まる。

  • そこでは、醜い物も全て含めて、コインの両サイドを描きたかった。」脚本家たちは、ハットンが用意した大量のインタビュー素材を全て調べ上げた。「2PACの作品は全て読んだし聴いたし、彼の詩集「コンクリートに咲いたバラ」も読んだ。その後アウトロウズなど、2PACと仲の良かった連中とも話しに行った。彼らからはストーリーに信憑性とリアル感を出すための細かい情報をたくさん聞けた。2PACのタバコを吸う仕草、ズボンの履き方、顔の触り方、喋り方の癖など。これらの情報のおかげでよりキャラクターを本物に近づけることができた。」「我々のストーリーは、貧困の中で家族を養わなければならなかった2PACを描いている。『オール・アイズ・オン・ミー』は2PACに関する映画だが、世界的に共感されるテーマだと思う。住んでる場所がコンプトンだろうと、シカゴだろうと、東京だろうと、2PACは皆のために言葉を発していたんだ。彼の言葉の内容は今でも重要なことだと思う。みんなが共感できる内容だ。」

1971年6月16日 - 1996年9月13日
1996年、魔の凶弾に倒れ25歳の若さでこの世を去った2PAC。
ヒップホップ・グループ=デジタル・アンダーグランドの構成員としてヒップホップ界潜入後、91年にソロ・デビュー。『ミー・アゲインスト・ザ・ワールド』(95年)、『オール・アイズ・オン・ミー』(96年)といった歴史的ヒップホップの名盤/ミリオンセラーを連発。映画『ジュース』(92年)をはじめ俳優としての才能を発揮し数々の映画に出演。
当時、米ヒップホップ界に起こっていた西海岸vs東海岸抗争の矢面に立った彼はその抗争の象徴的な西海岸の犠牲者として死を迎える(東海岸の犠牲者はザ・ノトーリアス・B.I.G.)。死の直後も、獄中で目覚めた『君主論』(政治思想家マキャヴェリ著)に基づくマキャヴェリ名義のアルバムが発表され全米初登場1位、98年暮れに未発表アルバム、99年2月に未発表曲を含むベスト・アルバムがリリース、いずれもが大ヒットを記録。同年末には晩年の"ホーミー"=アウトロウズとの連名で『スティル・アイ・ライズ』をリリース。エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが惜しみないリスペクトをし続けるなど、いまだその人気は衰えを知らない。
2017年、2PACがロックの殿堂入り。死してなおも世界中のアーティストや音楽ファンを魅了し続けている。

ユニバーサルミュージック
映画『オール・アイズ・オン・ミー』の日本公開にあわせて、現在廃盤の2枚組ベスト盤が、新規対訳、新規解説、2枚組ながら税込2500円で登場!

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はバルティモアに移り住み、2PACはバルティモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める。17歳の時、カリフォルニアに移り住むこととなるが、その頃には母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな中、彼はラッパーとなる夢を追い続ける。1991年に2PACの名で、アルバム「2Pacalypse Now」でソロ・デビューを果たし、着々とその名を上げていく。 だがある日、レコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、その身に銃弾5発を受けてしまう。一命を取り留めた2PACは、事件はたまたま同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアス B.I.G.が仕組んだことだと思い込む。西海岸のヒップホップ・レーベルDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン・コムズやビギーをことあるごとに避難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。そして遂に、1996年9月6日ラスベガスで2PACは銃撃され、25歳の若さで人生の幕を閉じる事となる。

img img img img img img img img img img

img

50 Cent、Busta Rhymes、Ja Rule、Lil’ Kim、LL Cool J、Nas、Nelly、P Diddy、R. Kelly、Snoop Dogg、Nicki Minaj、Keyshia Cole、Aokn他数々の有名アーティストのMVを監督。その数は200以上にもなる。アメリカの人気ケーブルチャンネルB.E.T.より、2009年と2013年、そして今年2017年にVideo Director of the Yearを受賞している。2009年に『Next Day Air(原題)』で長編映画監督デビューを果たし、その後実力が認められ監督4作目となる本作のメガホンを託される。

シカゴ出身の音楽プロデューサー兼映画監督兼企業家。彼がエンターテイメント業界に初めて足を踏み入れたのは、アン・ヴォーグやダ・ブラットなどのバックダンサーとしてだった。その後自身が入っていた音楽グループがデス・ロウ・レコードと契約。スヌープ・ドッグやシュグ・ナイトと仕事を通して密接な関係を築き、数々のプロジェクトに携わった他に、ルースレス・レコードとインタースコープ・レコードのA&R責任者としての仕事を経験している。その後ユニバーサルと契約し、プロデューサーとしてヒップホップ界に多くの功績を残す。スヌープ・ドッグ、2PAC、マライア・キャリー、ダ・ブラット、ボーン・サグズン・ハーモニー、N.W.A.、オマリオン、Bow Wow、アシャンティなどと仕事をしてきた。彼自身がプロデュースした曲は2PACのアルバム“Pac’s Life”やボーン・サグズン・ハーモニーなど多くのアーティストに使われている。

So Many Tears / 2Pac

Do Your Thing / Isaac Hayes

Black Steel in the Hour of Chaos / Public Enemy

City Of Dope / Too Short

The Humpty Dance / Digital Underground

Mr Flamboyant 2k11 / E-40

Same Song / Digital Underground

Brenda’s Got A Baby / 2Pac

I Get Around / 2Pac

Before I Let Go / Maze

Nuthin’ But A G Thang / Dr. Dre

Chief Rocka / Lords Of The Underground

C.R.E.A.M. / Wu Tang Clan

Keep Your Head Up / 2Pac

Honey Love / R Kelly

Who Shot Ya / Notorious B.I.G.

Dear Mama / 2Pac

California Love / 2Pac

2 of Amerikaz Most Wanted / 2Pac

Ambitionz Az A Riddah / 2Pac

All Eyez on Me / 2Pac

Hail Mary / Makaveli

Hit Em Up / 2Pac

To Live And Die In LA / Makaveli

Weak / SWV

Blackberry Molases / Mista

(Perfect Peace) Thou Wilt Keep Him IN / Marvin Sapp

Only God Can Judge Me / 2Pac